サラバ加齢臭

加齢臭は対策次第で簡単に消すことができます。

あなたは、このような経験はありませんか?

  • 電車に乗ると近くの人が顔をそむけることがある。
  • 会議や打ち合わせで、なぜか部下が遠い席へ行ってしまう。
  • 自宅にいると妻が窓を開けて空気を入れ替える。
  • 娘に「なんか最近、お父さん臭くない!」と言われてしまった。

40代になって気になるニオイ、それは加齢臭です。

40代は「加齢臭」元年と言われ、カラダの体臭が気になり始める年代です。
加齢臭の原因は何か?そして、加齢臭対策はどうすればいいのいか?実は加齢臭対策は原因を知ってしまえば、まったく難しくありません。このサイトでは、40代男性の方を対象に、加齢臭対策の方法やグッズをご紹介しております。今回は、いろいろと試してみた結論として簡単でしかも効果を実感できる3つの方法をご紹介したいと思います。

加齢臭の原因とは?

まずは、加齢臭の原因を正しく理解しましょう。
「加齢臭」という言葉は、「加齢により体臭も変化する」という概念を示す言葉として資生堂の研究チームによって命名されました。

加齢臭とは文字通り、年齢を重ねるとでてくるニオイであり、「古い本のようなニオイ」「ロウソクのロウのようなニオイ」「油臭くて青臭いニオイ」などと表現されることが多く主に男性40代以降、女性では主に閉経後に増加傾向が見られると言われています。

人間の皮膚には無数の毛穴があり、その毛穴の中には皮脂腺と呼ばれるものががあります。皮脂腺から分泌される、油脂状の物質「皮脂」によって肌や髪をうるおし、乾燥を防ぐ役割をしています。しかし、この皮脂の中にある9-ヘキサデセン酸(きゅうヘキサデセンさん)は過酸化脂質によって酸化・分解されると「ノネナール」というニオイ物質を発生させます。これが加齢臭のもとになる物質です。これらの物質は若いうちはほとんどありませんが、40歳を過ぎると急増するのです。

さらに、カラダを酸化させる活性酸素も原因の一つだと言えます。
活性酸素とは、通常呼吸して取り入れた酸素中の約1~2%が変化したもので、多くの病気の元となる強い酸化力を持った活性化された酸素のこと。活性酸素は、通常は異物などが侵入するとカラダを守る働きがある物質ですが、さまざまな要因により活性酸素が増えると、体は酸化傾向に傾き、逆に正常な細胞、細胞膜さらにはDNAに攻撃をかけ、破壊し始め、老化、しみ、アトピーなどの一因となります。

若い頃は活性酸素が発生してもそれを除去するシステムが作動していますが、40歳を過ぎるとこのシステムが弱り始め、徐々に活性酸素は増えてしまいます。活性酸素が増えると過酸化脂質が増加し、9-ヘキサデセン酸の酸化がさらに進み、ノネナールを発生させてしまうのです。

また、活性酸素によって酸化した皮脂は、動物性たんぱくが腐ったようなニオイがしますから、これも加齢臭の一因であると考えられます。

加齢臭はどこから発生するのか?

人間の身体の中で「皮脂の分泌量が多い場所」は限られています。

1.頭皮
2.ひたいから鼻にかけての「Tゾーン」
3.耳の後ろから首全体にかけて
4.両胸、及び胸の中心部
5.両脇
6.背中の中心部
7.へそとその周囲
8.陰部

このような場所から皮脂は多く分泌されるので、当然、その皮脂を放置しておくと加齢臭が出てきます。 耳の後ろは、皮脂が出やすいわりには、洗い忘れやすい場所。しかも、他人の鼻の位置に近いので、ニオイが認識されやすいのです。

加齢臭対策1  朝、出勤前に風呂に入る。

では、何時間くらいで皮脂の酸化したニオイがではじめるのか?
それは、おおむにお風呂から出て、着替えてから12時間くらいが目安になります。シャツには、まず寝汗やそれと一緒に出る皮脂が付着するからです。

朝起きて通勤の最中にも汗と皮脂が分泌されます。皮脂は酸素と出会い、徐々に酸化していきます。分解された汗と酸化した皮脂はそれぞれニオイを発しはじめます。会社に着いて、デスクワークを始めたあとも、そうした分泌は続き、さらに汗の分解と皮脂の酸化が、シャツと皮膚の間で行われます。こうした汗の分解や皮脂の酸化が一緒になって、独特な体臭が発生します。とくに皮脂の酸化が中心となって脂っぽく臭うのが「加齢臭」です。

では、いったいどうするか?一番簡単な加齢臭対策は朝、出勤前に風呂に入ること。家族が夜風呂派の場合は、シャワーをしっかりと浴びることでニオイを押さえることができます。

加齢臭対策2  入浴時に「柿渋石鹸」を使用する。

加齢臭対策商品はいくつかあります。その中でも注目されるのが、「柿渋石鹸」です。

柿渋は天然の防腐剤、脱臭剤として古くから使われてきました。この柿渋を石鹸に入れた場合と入れない場合の加齢臭の原因となる ノネナール減少の比較数値があります。

・柿渋入り=96.6%
・柿渋なし=33.1%

いくら石鹸を使ってカラダを洗っていても、それだけでは加齢臭を抑えることができないわけです。柿渋が素晴らしいのは、自然の成分で、長い歴史の中でその安全性が確認されているところです。

どうせ石鹸で身体を洗うなら、皮脂が酸化してできた成分をしっかりと減少してくれる成分が入っているものを使わなくてはダメだということです。各メーカーからいろいろ出ていますがおすすめは、「柿渋石鹸 男のたしなみ」。

これまで使用した中でも、。非常に泡立ちもよく、気になっていた体臭がなくなりました。もちろん個人差はありますが約1週間ほどで効果が実感できると思います。

加齢臭対策3  衣類を消臭する。

仕事やさまざまな生活のリズムで朝、風呂に入れない人も多いと思います。また、そのために簡単にできる加齢臭対策を伝授いたします。

実は、ほとんどの場合、汗を吸い取るのは衣類なのです。細菌が繁殖するのも衣類の中。その時発生したニオイ物質が蓄積されるのも衣類なのです。

それを消臭することでニオイの発生源である衣類を無臭化することができます。

おすすめなのは、「急速イオン消臭ヌーラ」という消臭スプレーです。

例えばシャツにスプレーしておくことで、「急速イオン消臭ワイシャツ」に早変わり。身体から出るニオイまでも衣類が消臭してくれるという優れもの。とにかくこれ1本あると、足の臭いや車の臭いなど気になるニオイの消臭剤として大活躍してくれます。

このページの先頭へ